飲食店だけでなく、サービス業ではお馴染みの

「おしぼり」。

a0006_000959

どのような渡し方をしているか見直されたことはありますか?

おしぼり置きに乗せてテーブルに置くならまだしも、
ビニールに入ったままポンとテーブルやビニールから
出した状態でテーブルに置かれる・・・

全く気になさらない方もいらっしゃると思いますが、
気にされる方もいます。

提供するお料理やサービスだけでなく、おしぼりひとつも含めて、

<心地よい時間を過ごして頂くための行為>

そのように徹底すると、おしぼりの渡し方ひとつでも、
気持ちがこもり、いくら忙しくても渡し方も変わってきますね。

a0001_005486

そこで今回は、ちょっとした気遣いで変わる、お店や事業所の想いを伝える「おしぼりの渡し方」です。

 

■その1

おしぼりのビニールやフィルムの先端をやぶり、
手にもった状態で、お客様に引き出していただく。

 

■その2

丸まった状態のおしぼりを、お客様の手の上に、
くるくると広げて落とすようにお渡しする

 

■その3

おしぼりを半分に折って両端をもち、
お客様に真中からおしぼりを取っていただく。

 

■その4

食前と食後に新しいおしぼりをお出しする。

 

いかがですか?

特に最近は2度、新しいおしぼりを出してくれるお店も増えてきて、

非常に心地よく、飲食をすまさせて頂いたという印象を感じています。

 

 

寒いときには温かいおしぼり
熱いときには冷えたおしぼり

くらいシンプルで、
今からでもスグに出来ることですね。

考えてみると、それぞれのシーンに合わせて
もっとバリエーションがありそうです!

 

 

????????????

「おしぼりくらいで・・」

そのようにお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でも、

<一事が万事>。

 

“このような細かい点にまで気を使えるということは、
ほかの全てにおいても同様の対応をしてもらえるそう”

と、感じていただけることもあると思いますし、
提供する側のおもてなし意識を高めることに繋がります。

 

意外とこのような気遣いをやっていないお店も多いので、
それならば、やった方が印象に残ります!
すぐにでもはじめて、徹底したいですね。

以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。