こんにちは、ブログ担当の藤川です。

 

弊社では、エステサロンやアロマサロン、
パーソナルジムやヨガスタジオ様などの新規開業準備中に、
お声をかけていただくことが少なくなく、

レンタルタオル

レンタルおしぼり

レンタルユニフォーム

オリジナルマット

などを通じて、エステサロンやアロマサロン、
パーソナルジムやヨガスタジオ様の新規開業時やリニューアル時の
お店づくりを全力でご支援させて頂いています。

 

 

 

しかし、新規開業にあたってはやるべき事柄が沢山あり、例えば、エステサロンの開業では、ざっと考えるだけでもこのような事柄の開業準備が必要になります。

 

エステサロン開業に関わる7つの準備

1.事業計画を立てる

  • どのような方に向けて
  • どのような特徴のサービス
  • エステサロン利用者に提供できるメリット
  • 競合エステサロンとの差別化ポイントは?
  • どのような形態で事業を始める?
  • どれくらいの売り上げがあがる計画なのか?
  • どうやってエステサロンにお客様を集めるのか? など

 

2.エステサロンの物件を選ぶ

 ● 自分が始めたいエステサロンに来て欲しいお客様が沢山いるエリアや、
    交通機関までのアクセスが良いなど、どこで開業するかの決定は、
      非常に大切で、細かい調査や分析が必要になります。

 ●   水やお湯を使うことが多いので、ガスや水回りが重要です。

 ● 居抜き(前のお店の内装や設備などが残っている物件)もしくは
   スケルトン(内装設備がなく、空っぽの状態)、自宅サロンなど
   の選択肢があります。

   自宅サロンはそもそも営業が可能かどうかによりますので、
   事前に確認が必要です。

 

 

3.エステサロンの内装や設備を決める

 自分のイメージしたエステサロンを具現化し、
 実現してくれるデザインや内装工事業者を選ぶ必要があります。

 

 

4.エステサロン開業で必要となる美容機材や営業環境の決定

 エステ用ベッドや美容機器、ホットキャビ、オイルやタオル、
 シーツ、ローブなどのエステ施術で使用する機器や備品、

 パソコン、ネット回線、電話番号と電話機、レジ、クレジット
 カードなど営業環境面の準備を行います。

 

5.エステサロンを知っていただくための準備

 ホームぺージ、ブログ、Instagram、ツイッターなどの
 インターネット上の情報発信メディアの作成、

 配布や掲載用のチラシやフライヤー、名刺やショップ
 カードの制作を行います。

 

 

 

6.エステサロン開業資金の調達

  •  内装工事や賃貸物件の場合は家賃
  •  エステ施術で使用する機器や備品・消耗品の費用
  •  エステサロンの営業環境面の費用
  •  広告宣伝に関わる費用

 などの費用が発生するので、そのための調達手段を
 決める必要があります。

 

 

 

7.エステサロンの開業手続き

 エステサロンの開業にあたっては、

  •  個人事業 開業後1か月以内
  •  法人設立 開業後2か月以内
  •  所得税の青色申告申請 開業後2か月以内

 などの書類を提出する必要があります。

 

 

 

このように沢山の行うべき準備があるなかで、レンタルタオル、レンタルおしぼり、レンタルユニフォームオリジナルマットの制作などのご依頼は新規開業準備の中後半の事が多く、このころになると、オーナーやご担当者様の忙しさもピークに!!

 

ですが、そんなお忙しいなか、弊社を見つけてくださり、お声をかけて頂いていますので、ご負担をかけることなく、オーナーやご担当者様のご要望をスムーズにキャッチし、的確なご提案と納品を心がけています。

 

 

新規開業中のエステサロンやアロマサロン、パーソナルジムや
ヨガスタジオのオーナー様、ご担当者様!!

 

数多くの経験を活かし、全力でご支援いたしますので、
お気軽にご相談ください。