こんにちは、ブログ担当の藤川です。

 

お店のファン化に欠かせないのが、
お客様との親近感作りです。

 

いきなりですが、【お店のファン作りのコツ】を伝授します!

 

 

それは・・・

 

お客様への接客の場面で、お客様を名前でお呼びすることです!

 

 

普段、お客様を名前で呼んでいますか?

 

o0505033612866630357

 

名前=個人

 

なので、名前を呼ばれると自分を認めてもらえたと
良い印象を持つそうです。

 

すぐにでも実施できそうなことですが、
肝心の名前を間違えると信用を無くすことに・・

 

 

o0481032012871960556

 

そこで、

「初めて会う相手の顔や名前を覚える工夫」
「名前を覚えるのが苦手…」

という人も、すぐに使えるアイディアが紹介されていました。

 

今回は人の名前を覚えるコツをご紹介します!

 

 

接客時に欠かせない人の名前をカンタンに覚えるコツ

■ ニックネームをつける
「相手の特徴を心のなかであだなにする。
顔と名前が一致しやすい」

 

■ 似ている芸能人・動物にたとえる
「誰に似ているか、何に似ているかをその場で即座に考える。
(例:麻生太郎、カメ、高校のときの物理の先生…)
そしてそれを名刺の裏に書く」

 

■ 着こなしの特徴をつかむ
「洋服が好きなので、服のポイントで覚える」

 

■ 会話の中で名前を声に出す
「名刺交換の際、必ず相手の名前を声に出して読み、
相手の顔を見て笑顔で確認すること」

 

■ 心の中で復唱
「相手の名前を確認したら、その人の名前を会話中、
心のなかで何回も復唱する」

 

■ 共通点を探す
「似ているものを探す。そうするとちょっとだけ
親近感を感じるので覚えやすくなる」

 

■ 手帳やカレンダーに記録
「携帯のカレンダーの活用。予定をカレンダーにいれつつ、
終わった後は感想等をメモに記入するようにしています」

 

o0427064012912329949-1

 

いかがでしたか?

 

「いらっしゃいませ、○○様」
「こんにちは、○○さん」

 

こんなに風に呼んでもらえると、スゴク特別感も感じれますので、
ぜひ、お客様を名前で呼ぶ、実践してみてください。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。