こんにちは、ブログ担当の藤川です。

エステサロンやアロマサロンの開業やオープンされる際や、
既に開業し、自前でタオルをご準備されているご担当者の皆様に、
最良のタオルをお客様に出す際に、ぜひ、知っていただきたい、
タオルの豆知識をご紹介します!

 

 

タオル選びに必要な知識

<一般的なタオルのサイズ>

まずは、タオルのサイズです。タオルと言っても、使用目的に応じて
様々なタオルのサイズがあります。

タオルハンカチ:約20~25×20~25cm

通常のハンカチと同じくらいの大きさで、ポケットに入れて持ち運べるサイズで便利です。

ハンドタオル:約30~35×34~45cm

タオルハンカチよりも大きなサイズで、おしぼりやハンドタオルとして使用します。

フェイスタオル:約33~35×75~90cm

手や顔を拭くのに最適なサイズのタオルです。タオルハンガーにぴったりなサイズです。

バスタオル:約50~75×100~140cm

フェイスタオルよりもかなりサイズが大きく、身体を拭いたり巻き付けたり
シャワーや入浴後に水分を拭き取ります。

大判バスタオル:約75~100×150~200cm

バスタオルよりもさらにサイズが大きく、ゆったり使用できる大きめのタオル。
すっぽりと~を覆ったり、ベッドに敷いて使いこともできます。

 

<タオルの重さと厚み>

タオルの重さ、厚みはg(グラム)もしくは
「匁(もんめ)」という単位で表示されます。

匁は、「もんめ」と読みます。

 

匁は重さを表す日本の尺貫法における質量の単位です。

1匁(もんめ)=3.75グラム

と定義されていて、1,000匁=1貫(かん)となり、

匁の値が高いほど、タオルの生地が厚くなります。

 

例えば・・・

温泉や浴場のタオルは濡らして使うことが多いですので<タオルに絞りやすさ>が必要ですし、

ホテルなどは高級感や高い吸水性も必要なので<タオルにふわっとした厚み>が必要になるなど、

タオルの生地は厚いのが全て良いわけではありません。

 

「タオルを使用する用途にあった選び方」

が必要で、そんなときにタオルの重さである「匁」は<タオル選び>の参考になります。

 

■「匁(もんめ)」についてもっと知りたい方は、過去記事をご覧ください

タオルの匁とは? この意味はご存知でしょうか?

 

 

サロンのタオルを上手に使うコツ

<購入したばかりの新しいタオルは、まず洗いましょう!>

購入したばかりの新しいタオルはそのままお客様に使用したいところですが、
まずは、洗うことをおススメしています。

新しいタオルには、タオルを織るときに使用される「糊(のり)」が
付着していますので、その状態ですと本来の吸水力が損なわれてしまいます。

まずは、タオルを購入したらお客様に使用する前に、
まずは洗濯してから使用してください。

 

 

<タオルの洗濯に柔軟剤を使用しない!>

「柔軟剤はタオルをふわふわにしてくれるので、必ず必要では?」

そう思われている方も少なくないと思いますが
逆効果になることもあります。

柔軟剤はタオルの繊維をコーティングして滑らかにし
柔軟性を高めますが、タオルをふわふわさせるわけではありません。

また、しっかり洗浄して柔軟剤を洗い流せていない状態を繰り返し、
タオルの繊維の中に、柔軟剤の洗い残しが積み重なると逆にタオルが、
ゴワゴワする原因になったり、吸水性が落ちたり、タオルのパイルが
抜けやすくなったりします。

ですので、通常に洗濯している中で、やわらかさが無くなったと
感じたときに使用することをおススメしまして、
むしろ、大切なのは、タオルの干し方になります。

 

 

<ふわふわしたタオルにするためのタオルの干し方>

乾燥機を使用すると、タオルはふわふわに仕上がりますが、
乾燥機を使用されていないサロン様!

脱水したタオルを、そのまま干していませんか?
ふわふわしたタオルにするためには、
タオルの干し方にコツがあります。

ふわふわとしたタオルにするには、
タオルを干す前に、タオルを両手でひっぱって、
しっかり振ることです。(何度も)

脱水が終わったあとのタオルは、タオルの繊維が寝てしまっているので、
このままでは乾いたあと、ふわふわ感が損なわれます。

ですので、なんどもしっかりとタオルを振って寝てしまっている
タオルの繊維を立たせることで、乾いたときにタオルがふわふわします。
また、振ることでタオルの繊維の間に空気がはいりますので、
タオルが乾くのも早まります。

 

 

いかがでしたか?

お客様に最善のコンディションのタオルを提供するには、
これら以外もまだまだコツややるべきことはありますが、
その分、お客様に喜んでいただけるタオルを御出しすることができます。

ぜひ、自前タオルのサロン様、お試しください。

 

 

また、弊社では、タオルのコンディションを維持することが難しくなってきた
エステサロン様向けに、プロが自信をもって最良のタオルを毎回お届けし、
ご担当者様のご負担を削減するレンタルタオルをご提案しています。

タオルでお悩みのエステサロンのご担当者様、お気軽にご相談ください。

 

→エステサロンやアロマサロン様向け レンタルタオルのご案内へ