こんにちは、ブログ担当の藤川です。

弊社では、エステサロンやアロマサロン様より、
フェイシャルタオルやバスタオル、大判タオル、
エステガウン、おしぼりなどのご要望を沢山頂いています。

 

特にフェイシャルタオルやバスタオル、大判タオルなどの
レンタルタオルについては、様々なステージの
エステサロンやアロマサロン様とお取引させていただいています。

 

 

そこで今回は、数多くの実績や経験を活かし、
エステサロンやアロマサロン様の施術時に欠かすことが出来ない

「レンタルタオルのプロがおススメする、レンタルタオルの選び方」

についてご紹介します!

 

 

「レンタルタオルのプロがおススメする、レンタルタオルの選び方」

■レンタルタオルへの切り替えを検討する時期について

エステサロンやアロマサロン開業時、いきなりレンタルタオルを利用するのではなく、
サロン自前でタオルを購入し、それを洗濯乾燥させて使うケースが多い印象です。

そこからレンタルタオルを検討したり、切り替えるタイミングについては、
非常に大切になります。 

 

そこで、同業のオーナーやエステティシャンの皆さんが、
どんなタイミングでレンタルタオルを検討したり、切り替えているのか、まとめました。

 

レンタルタオルへの切り替え時期や切り替えを考える時期
  • 来客増加で、タオルを洗う時間の確保が困難になったから。
  • 本業の終了以降も、タオルの洗濯や乾燥など、本業でない作業の負担が増えてしまった。
  • 店の近くのコインランドリーで洗濯していたが、洗濯のボリュームが増えてコインランドリーのコストが増えた。
  • 店舗を増やしたり、移転でベッドの数が増えて洗濯のボリュームが一気に増えて手に負えなくなった。
  • 自前で準備したタオルを自ら洗濯し、提供してきたが、匂いや汚れが取れなくなってきた。
  • 自前で準備したタオルの洗濯を委託したクリーニング業者が、タオルの色落ちをさせてしまい、クリーニング業者をチェンジするかレンタルタオルに切り替えるかで迷っている。
  • 店舗に、洗濯スペース、乾燥スペースを確保出来なかったので、終業後、自宅に持ち帰り、洗濯乾燥させてお店に持参していたが、お客様の数は増えて対応できなくなってきた。

 

ポイント!

数が少ないうちは自前で対応していましたが、お客様の数が増えてきて、
さまざまな部分での負担が増えだしたころが、レンタルタオルへの切り替え検討時期のようです。

 

 

■レンタルタオルの選び方について

タオルは、お客様の肌に直接触れるとても大切な
おもてなしツールです。

 

また、エステベッドメイキングの際にも
重要な役割があり、心地よいタオルはお客様の満足度を
満たしてくれます。

しかし、自前でタオルを購入し、洗濯していると
常に良い状態のタオルを提供することは重労働になってきますが、
レンタルタオルを利用するとその苦労から解放され、
常に最良のタオルがお店に届くのが、最大のメリットです!

 

また、サロンで使うタオルは、肌触りやもちろん、
吸水性、タオルの厚みなども重要になってきますので、
サンプルなどがありましたら、取り寄せてみましょう。

レンタルタオル選びは、このようにタオル自体に目が行きがちですが、
実は、もっと大切な事柄があります。

 

いきなりですが、質問です。

「サロンで購入したタオルを使っていた時は、
自分のお店以外のタオルが混ざることはありますか?」

 

ありえませんよね!?

故意に混入させない限り考えられません。

しかし、通常、レンタルタオル業者に依頼したタオルは、
様々な業界、業種で使用され、回収されてきた使用済みタオルは、
一緒に洗濯されます。

なので、他店の匂いやオイル、汚れがうつらないとも限りません。

 

それを気にされない方もいらっしゃると思いますが、冒頭でもお話した通り、

「タオルはお客様に肌に直接触れるもの」。

 

弊社ではご相談やお問合せを頂いた際には、
レンタルタオルを選ぶにあたって確認すべき重要な事柄として、

“サロンごとに個別にタオルを洗濯・乾燥してもらえるのかどうか?を確認することがとても大切です!”

と、レンタルタオルのプロとしてアドバイスさせて頂いています。

 

ポイント!

レンタルタオル選びは、タオルのスペックに目が行きがち。

もちろん、それも大切ですが、例えば、エステサロンから回収したタオルは、他のタオルと一緒に洗濯するのではなく、エステサロンごとに<個別>に洗濯してもらえるのか?

など、“最良のタオルが常に届くレンタルタオル業者であるのか?”の確認が、それ以上に大切です。

 

 

■アロマオイルを使うことは可能か確認してみましょう!

レンタルタオルを、オイルマッサージやアロマオイルマッサージで
使用する場合、タオルのレンタルを断られるケースがあります。

必ず事前にオイル使用可能か、確認しましょう。

 

ポイント!

レンタルタオルでオイル使用不可のケースが少なくありません。

タイミングによっては見つからないケースもありますので、早めにアロマオイルを使えるレンタルタオル業者であるのか、さがしましょう!

 

 

■少量のタオルでも契約可能か確認してみましょう!

“少ない数量のタオルですと対応してもらえなかった”

という相談を良くいただきます。 また、仮に対応可能でも、

「業者に設定された最低使用本数のレンタルタオルを使っていないにも関わらず、
 実際の使用本数に合っていないレンタルタオル費用を払っていた!」

ということも発生します。

 

でも、自前タオルからレンタルタオルに移行しますと、
レンタルタオルの料金は毎月発生しますので、適正な価格にしたいところです。

慎重に契約条件を確認し、決定しましょう!

 

ポイント!

少ない数量でタオルを借りれるか、また借りるときの費用や条件であるのか、納得いくまで確認しましょう!

 

いかがでしたか?

 

エステサロンにお越しいただけるお客様の満足度を高めるために、
ぜひ、タオル選びにこだわって頂きたいと思います。

最後までご覧くださり、ありがとうございました!