弊社でお問い合わせや引き合いの多い、<紙おしぼり>。
o0360048012835044472

すっかり馴染みの深いおもてなしツールですが、

今日は改めて<紙おしぼり>のマメ知識を勉強したいと思います。

 

■紙おしぼりっていつ頃から登場したかご存知ですか?

1973年に、布おしぼりの代用として、パルプを素材とした紙おしぼりが登場したそうです。

 

■紙おしぼりに使われている薬液の成分は?

紙おしぼりを使うと、手がきれいになり、とても気持ちがよいですが、

紙おしぼりに使われている薬剤の主成分は、水やカビの繁殖を抑える「防腐剤」。

製品によっては清涼感が得られるよう「アルコール」が含まれていて、

もちろん全て人体に安全なものを使用しています。

 

■紙おしぼりの安全性は?

日本清浄紙綿類工業界加盟メーカーというところが「安全・衛生基準」として、

基布・薬液の成分など製造に関わる基準をさだめているそうです。

o0268022512935172581-1

更に、加盟メーカーが販売する製品のうち、年2回の厳しい品質試験をパスしたものには

パッケージに、「WWマーク」が表示されていて、安心してご使用いただくための

目安としているそうです。

 

一般社団法人 日本衛生材料工業連合会さんおWEBサイトには、

紙おしぼり以外に、ウェットティッシュや赤ちゃんのおしりふきなど衛生関連商品に

ついての知識が紹介されています。

興味をお持ちの方は、一度、ご覧ください。