こんにちは、ブログ担当の藤川です。

 

最近、社員の疲労回復や健康管理などの福利厚生、
また、障害者支援の一環で、ヘルスキーパー(企業内理療師)を
採用するケースが増えています。

弊社は、ヘルスキーパーの方が、
施術する際に必要となる各種タオル、施術着、おしぼりを
常に最良のコンディションで必要な数だけお届けしています。

 

 

今回は、ヘルスキーパー( 企業内理療師 ) 制度をまだご存知ない方のために、

ヘルスキーパーの基本的な情報と、実際にヘルスキーパーについて、
改めてご説明させていただきます。

ヘルスキーパーとは?

ヘルスキーパー ( 企業内理療師 ) とは、

企業に雇用されて、産業・労働衛生分野に、あんま・マッサージ・指圧、鍼(はり)灸 ( きゅう )、運動療法 と呼ばれる理療の技術を活用し、従業員の疲労の回復や心身の変調を調整し、業務の能率向上と従業員の健康の保持、増進に役立つような仕事をしている人です。

 

治療にあたるヘルスキーパーはすべて、3年以上の専門教育によって、医
学的知識や臨床経験をもち、国家試験に合格して免許をもった健康に関する
プロフェッショナルですので、安心して治療を受けることができます。

 

 

ヘルスキーパー導入の目的

あんま・マッサージ・指圧、鍼(はり)灸 ( きゅう )の理療の施術や
セルフケア指導、健康への助言を通じて業務中に生じた疲労やその他の症状を取り除き、
業務の能率向上と従業員の健康増進、健康保持に役立てる事を目的としています。

 

 

 

ヘルスキーパー制度の特徴

 ヘルスキーパー ( 企業内理療師 ) は既に多くの企業で採用され、
実績を上げているところであります。
その特徴としては、次のものがあげられます。

1.比較的短時間で施術ができる。

2.職場の休憩時間を利用して施術する事も可能。

3.大規模な設備はいらない。

4.快さを感じながら施術を受けられる。

5.症状に合わせた体操等のセルフケア指導も行える。

 

 

ヘルスキーパー制度の有効なシーン

以下の場面で有効です。

◎事務的(特にパソコン等をよく使う方)な職業をされている方に

 (首、肩、腕、背筋の痛みやこわばり、目の疲れ、頭痛などの症状に)

 

◎立ち仕事をされている方に

(足腰の痛みやだるさ、足のむくみなどの症状に)

 

◎力仕事をされている方に

 (腰や腕の痛みなどの症状に)

 

◎気温の低い所で働く方に

 (全身のだるさ、下痢、神経痛などの症状に)

 

◎営業職、管理職等、ストレスの多い方に

(胃腸障害、精神疲労、不定愁訴などの症状に)

 

 

ヘルスキーパー制度の導入を検討されている企業のご担当者様へ

制度の導入を支援している日本視覚障害ヘルスキーパー協会のHPに、
制度などについてのQ&Aが掲載されていますので、宜しれば、参考にしてください。

日本視覚障害ヘルスキーパー協会HPへ