こんにちは、ブログ担当の藤川です。

 

エステサロンやアロマサロン様では、自店でタオルやバスタオル、
施術着を洗濯されているお店も少なくないと思いますが、

 

エステサロンやアロママッサージなどで使用したタオルや衣類に付着したアロマオイルが元になり、酸化によって火災に至る経緯があることはご存知でしょうか?

 

 

酸化して自然発火 洗い残ったアロマオイルが火災に! 

アロマオイルが付着したエステサロンのアロママッサージの
タオルや衣類を洗濯し、乾燥機にかけた後に重なった状態で放置され、
そこで酸化によって“自然発火”し、火災に発展ケースが多いそうです。

 

洗濯も済ませており、火の気がないために危険性の認識も甘くなりがちですが、実はすごく危険です。

 

このような発火の仕方を、酸化発熱といいます。

 

 

アロマオイルを使ったあとのお店でタオルを洗濯されるのですが、
その際に、オイルの洗い残しがあることもあります。

タオルに付着したアロマオイルをしっかり洗いきる事は本当に重労働で、本業の施術以外の作業ですので、本当に大変ですね。

 

しかし、サロンでオイル成分が残ったままタオルを乾燥機にかけて乾燥させ、

 

乾燥が終わった熱を帯びたタオルを乾燥機の中に残したまま、

あるいは取り出しても、そのまま積み上げてしまうと、

熱が逃げない状態によってアロマオイルが自然と酸化し、

温度が上昇し、火災に繋がる事があるそうです!

 

 

アロマオイルなどに含まれる不飽和脂肪酸は、
空気中の酸素と触れて酸化することで発熱、
350度前後で発火するそうで、
無人の状態で発火すると大惨事になりかねません。

 

 

自店でタオルやバスタオル、施術着を洗濯されているエステサロンやアロマサロン様は、

“乾燥後は乾燥機から必ず取り出して帰る”

“取り出したタオルや衣類は、かごや袋に詰め込んで放置しない”

などの対策が必要ですね。

 

 

エステサロン様向けレンタルタオルのご提案

弊社では、エステサロンやアロマサロン、トータルビューティーサロン様向けの レンタルタオルプランをご提案しています。

 

エステサロン、アロマサロン、トータルビューティーサロン様向け
レンタルタオルプランは、最良のコンディションのフェイスタオル、タオルが
必要な枚数届くだけでなく、

オイルを使った施術にも対応していますが外部の専門家にお任せ頂くことによって、自前でタオルを洗濯乾燥管理することによる上記のようなリスクから確実にお店を守れます。

 

最近では、オイルを使ったタオルの洗濯乾燥管理が大変であることを理解されたサロンオーナー様からのご相談、お問合せも少なくありません。

 

 

アロマオイルの不着したタオルを自前で洗濯・乾燥されている
エステサロン、アロマサロン、トータルビューティーサロンの
オーナー様、ご担当者様、お気軽にご相談ください。

 

⇒エステ、アロマ、リラクゼーションサロン向けレンタルタオルプランへ