こんにちは、ブログ担当の藤川です。

 

接客と接遇の違いをご存知ですか?

今回は意外と知らない、接客と接遇の違いについてまとめてみました。

 

 

接客と接遇とは?

 

接客も接遇も同じ意味だと考えている方が以外と少なくありませんが、

接客とは「お客様に接すること」

接遇は「お客様と接して遇する(=人をもてなす)こと」

 

接客では接するだけで、“おもてなし”が入っていません。

 

 

そこで、おもてなしの心を持ち、相手に喜んでもらいたいと
思う心でお客様と接する<接遇>が、

・お客様の獲得
・リピーター獲得
・評価の良い口コミ獲得

に効果を発揮すると言われています。

 

 

 

接遇のポイントとは?

■第一印象

一瞬で決まる第一印象は後々まで大きく影響します。身だしなみは日常から気にすることができます。

 

■言葉遣いや話し方

なれなれしすぎないように。相手に安心感を与えて、ゆっくりとわかりやすい言葉使いで。

 

■相手に寄り添った対応

マニュアル通りではなく、相手の気持ちを汲み取った一歩踏み込んだ対応が必要。

 

 

いかがでしたか?

 

普段、接客業務でお客様と接する立場の人だけじゃなく、
幅広い立場の方に<接遇=おもてなしの心を持ち、相手に喜んでもらいたいと
思う心でお客様と接すること>が当てはまると感じました。

 

営業接客時のおもてなしの質をアップ!レンタルおしぼりプラン

弊社では、まさしく、接遇の一環で、

飲食を伴わない機会で<レンタルおしぼり>を沢山ご利用頂いております。

 

 

その特徴は・・

 

少ない本数でのレンタルおしぼりOK!

飲食店で使用していないおしぼりだから臭いや汚れの心配なし!

厚手でしっかりとしたおしぼり!

アロマのおしぼり芳香剤との併用でリラックス効果も!

 

 

という特徴を持っていますので、大切なお客様のおもてなしに最適です。

 

 

 

置き場所に困らないコンパクトなおしぼりよう冷温庫も合わせて
レンタル中です。

 

接遇に興味をお持ちのご担当者様!

お気軽にお問合せください。