こんにちは、ブログ担当の藤川です。

ヘルスキーパー制度をご存知でしょうか?

 

ヘルスキーパー制度とは?

企業が職員の健康管理、疲労回復、疾病の予防などのために
マッサージ施設を設け、あんまマッサージ指圧師等の免許(国家資格)を
有する者(ヘルスキーパー)を採用し、マッサージなどを
施す制度だそうです。

ヘルスキーパー協会HPより引用

ヘルスキーパー制度を導入した効果は?

長時間にわたるパソコンなどの情報機器の操作からくる
眼精疲労、首、肩、腕、腰などのこりや痛みの回復には、
マッサージは大変効果的だと言われています。

 

 

 

社内にマッサージ施設、アッサージスペースを設けることで
こんな導入効果があるそうです!

 

◎社員や職員は一般価格より、低料金でマッサージを利用できる!!

◎上記理由により、一般のマッサージ施設よりも頻繁に利用でき、

社員や職員の

・健康管理

・疾病の予防

・メンタルヘルス対策

・障碍者雇用の促進

などに効果があると言われていますので、

 

働く環境を良くすることに繋がりますね!

 

 

ヘルスキーパー制度の導入について・・・

ヘルスキーパー制度を導入するにあたって、
日本視覚障害ヘルスキーパー協会にて
制度導入のアドバイスやサポートを行っているそうですので、
興味をお持ちの事業所の担当者様は、相談されてみてはいかがでしょうか?

 

→ 日本視覚障害ヘルスキーパー協会のホームページへ