こんにちは、ブログ担当の藤川です。

 

皆さん、突然ですがヘルスキーパー制度 をご存じですか?

 

 

 

まず、ヘルスキーパーとは・・・

ヘルスキーパー ( 企業内理療師 ) とは、
産業・労働衛生分野に理療の技術を活用するもので、
理療の国家資格を持つものが、企業等に雇用され、
その従業員等を対象にして施術等を行う者の呼称です。

理療の施術やセルフケア指導、健康への助言を通じて
業務中に生じた疲労やその他の症状を取り除き、
業務の能率向上と従業員の健康増進に役立てる事を目的としています。

引用:日本視覚障害ヘルスキーパー協会様HPより

 

先のヘルスキーパー制度とは?

企業が職員の健康管理、
疲労回復、疾病予防などのためにマッサージ施設を設け、
あんまマッサージ指圧師等の免許(国家資格)を保有する者(ヘルスキーパー)を
採用し、マッサージなどを促す制度だそうです。

 

ヘルスキーパー制度導入の効果は?

 

社員の健康管理

疲労回復

疾病の予防

などに効果があるそうです。

 

また、視覚に障害のある方が企業・団体内の施術室に勤務し、
理療の国家資格を活かし、従業員や職員の健康の維持・増進、

 

疾病の予防などの役割を担っているなど、ヘルスキーパー制度を通して、
国家資格を持つ、視覚に障害のある方の雇用の確保、拡大にもつながるそうです。

 

 

先日、弊社でも、ヘルスキーパー制度を導入した企業様から
ご依頼いただき、マッサージ施術の際に使用するバスタオル、フェイスタオルの
お届けするきっかけから、この制度の有益性を知りました。

 

興味をお持ちの企業のご担当者様へ

先の「日本視覚障害ヘルスキーパー協会様HP」では、
ヘルスキーパー制度導入のための手引きなどの情報も公開されていますので
ぜひ、御覧ください。

■日本視覚障害ヘルスキーパー協会のHPへ

 

弊社でも、何等かの形で、この制度の広がりを
応援したいと思います。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。