こんにちは、ブログ担当の藤川です。

レンタルユニフォーム今回は、地域のお客様を第一に考え、
大きな責任と熱い想いを持ちながら
真摯にお菓子作りに取り組んでおられる、

「ストラスブール様」のご紹介です。

 

お店

 

“食べ手に「また食べたい」と
思っていただけるものを創る”

を一番大切なポリシーとされている同店は、

ただ美味しいだけではなく、

 

 

“「食」への信頼が大きく揺るぎつつある
昨今の流れを鑑みるとき、食物を口に運んだ際に
一体なにを食べているのかが分かることが大切”

という理念を、自身のお菓子作りに
極めてストイックに求めておられます。

ストラスブール様とは、約8年前位からのお付き合いで、
おもてなしのお手伝いで数多くのお取引をさせて頂いていまして、
例えば、お店の顔ともいうべき、玄関マットも
こだわりのデザインマットのレンタルです。

 

まっと

 

そんな「ストラスブール様」ですが、

初めてお逢いしたきっかけは店舗で既に
レンタルユニフォームをご利用頂いておりましたが
レンタルユニフォームがうまくご利用できてなくて色々なご不満
を抱いておられました。

 

 

レンタルユニフォームで多いトラブルのひとつに、

「お店側」=個人のユニフォームが支給枚数分無い
  (クリーニングに出したが帰ってきていない)

「業者側」=預かり物は最終チェックして出して納品している

等の双方の思い込みがあります。

 

しぇふ

そこで弊社では、
お客様との密な関係をさせて頂き、
個人単位でユニフォーム管理を
徹底的に行う方法で双方の思い込み、
思い違いをなくし、トラブルを解消しました。

 

しぇふ2

 

弊社には、これまでの経験を活かし、
快適に活用いただくための細やかな
フットワークとノウハウがあります。

お店のおもてなしでお困りの方は、お気軽にお問合せください。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。